★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK-ゴシック  第16話 「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」

GOSICK-ゴシック  第16話
「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」




1914年、リトアニアの修道院が空爆される…修道女達は祈った『呪われろ…』
すると涙を流す巨大なマリア像が現れて敵機は次々と自爆?墜落して行った…

GW-23638new0.jpg



1924年秋…ヴィクトリカがいない!『…夕べ遅く、警部さんがお父様の部下の方と
一緒にみえて、遠くの修道院へ移送するって…』セシル先生からヴィクトリカから
の手紙を受け取るがそこには『Idiot…バカ?バカってなんだよ…』

GW-23643new1.jpg


『まさか、アレを探しに出るつもりかね?』グレビールが現れる『教えてください!
ヴィクトリカは?』『これさえあれば、君でもあそこに入れるだろ…ベルゼブブの
頭蓋だよ…』1通の招待状を貰った久城は『迎えに行きます!でも、貴方や
ブロワ侯爵の為じゃない!僕はヴィクトリカの友達だから…』 

GW-23649new2.jpg


リトアニア行の夜行列車で一緒になった男性2人は同じく、ベルゼブブの頭蓋で
行われるファンタスマゴリアの招待状を持っていた♪老人の方は、娘に会いに
行くらしい…もう一人は大手時計メーカーに務めているサイモン・ハント…
久城は、その夜、車内でブライアン・ロスコーを見かけるが…

GW-23663new3.jpg


朝の食堂車では10年前に起った修道院(ベルゼブブの頭蓋)の出来事が話題に
なっていた…サイモンの話では、あの修道院はソヴュール王国の科学アカデミーが
工作活動の為に使っていたらしいと言うのだが…夕刻になってようやっと
ベルゼブブの頭蓋が見えて来た♪その修道院の外観は蠅の頭の形をしていた…
修道院入口で招待所のチェックを受ける久城『あの僕、友人を迎えに来たんです
アルベール・ド侯爵の娘でヴィクトリカという女の子なんですが…』シスタースル~♪

GW-23661new4.jpg


※自分が何をしに来たのか?どうしてワザワザ言うのかな~(^_^;)久城君はやはり
 Un idiotだ!(笑) そんな事言ったら自分も、ヴィクトリカも危険に晒されるかも
 しれなし、ヴィクトリカは別の所へ隠されるかもしれないじゃない☆

 しかし…久城君をジーッと見る老人はなんなのかな~?…(^_^;)




華やかな会場…しかし…ブライアン・ロスコーは科学アカデミーの
ジュピター・ロジェに呼ばれ10年前にも此処に来ていた…『我々科学アカデミーに
とって、敵国のみならず、オカルト省との戦いでもある』

GW-23668new5.jpg

※あの時、敵機を全滅させたのはブライアン・ロスコーの奇術?そしてロジェの
 真の目的の箱とは? ブライアン・ロスコーが持ち帰った箱をブライアンは誰から
 それを取り戻すの?(^_^;) で…ロジェがその箱が欲しいの?
 
 この辺の説明がない…憶測ですが…ブライアン・ロスコーが持ってきた箱を
 ブロワ侯爵に取られた?それをブライアン・ロスコーは取り返したいと思っていて、
 尚且つ、ロジェも狙ってるって事でいいのかな?(^_^;)




『ファンタスマゴリアの開幕だ♪』いよいよ始まった夜会♪人ごみの中で久城は
ヴィクトリカを発見♪しかし何故か逃げるヴィクトリカ…追いかけて行くと…

GW-23674new6.jpg


塔の天辺迄近く迄来た久城はようやくヴィクトリカを発見♪『僕だよ…ヴィクトリカ』
『遅い…ホビロン!』←(タヒね!とは書けないので(笑) 
『これでも精一杯急いで来た』『言い訳するな!』『でも、こうしてちゃんと見つけた
だろ?…でも、さっきはなんで逃げたりしたのさ?』

GW-23680new7.jpg


『庭にいたろ?だから僕は追っかけて』『本当かそれは?私はずっと此処に居た…
だから君が見たのは別人だ…おそらく私の母…コルデリアだろう…』


GW-23682new8.jpg


不審なサイモン…それを見ていたブライアンとコルデリア…『さて…役者は
揃った…月の光は人間共の心を狂わす』『魔術の夜は未だこれからだ…』

GW-23687new9.jpg



※コルデリアしゃべった~~♪(笑) 同族なのは分かりますが…
 ブライアン・ロスコーと どういう関係なんでしょう? コルデリアとは仲良く
 してるみたいだけど、ヴィクトリカの事を道具だとか、犠牲にしても良いとか…
 良くは言わないしねぇ~(^_^;)… 

 役者は揃った…此処には ブロワ侯爵いなくて良いんですかね?それとも
 居るのかな? ブライアン・ロスコー側は役者が揃ったと思って居るし

 ヴィクトリカが此処へ連れて来られたのは、誰かをおびき出す為…その誰かって
 ブライアン・ロスコーとコルデリアなんですよね?お互いに計画通りと思って
 いるって事?

 サイモンさん…不審な動き…(^_^;) この人は10年前の科学アカデミーの秘密を
 知ってるみたいで、今回も何かを探る為に此処に潜入して来たのでしょうね♪
 スパイかな?
 
 久城君がピンクハウスでヴィクトリカの衣装や下着をトランクに詰めてる姿を
 よく、下着ドロと間違わなかったですね~あんなに散らかしてたら間違うわ!(笑)

 グレヴィールも少しは良いお兄さんですね…なんだか好きになりそうだわ~
 ( ゚艸゚)・;'.、ブッ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK-ゴシック  第16話 「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」

GOSICK-ゴシック  第16話 「落下させるマリアは蠅の頭をもつ」         1914年、リトアニアの修道院が空爆される…修道女達は祈った『ノロワレロ…』 すると涙を流す巨大なマリア像が現れて敵機は次々と自爆?墜落...

GOSICK -ゴシック- 第16話「落下させるマリアは蝿の頭をもつ」

脚本:猪爪慎一/絵コンテ・演出:名取孝浩/作画監督:堀川耕一1914年リトニア。とある修道院が爆撃を受けてしまう。シスターたちはその戦闘機に対して「呪われろ」と呪いの言葉を口にする。すると、空に巨大なマリア様の姿が浮かび、戦闘機乗りたちは驚きのあまりに操縦...

GOSICK -ゴシック- 第16話「落下させるマリアは蝿の頭をもつ」

脚本:猪爪慎一/絵コンテ・演出:名取孝浩/作画監督:堀川耕一 1914年リトニア。 とある修道院が爆撃を受けてしまう。 シスターたちはその戦闘機に対して「呪われろ」と呪いの言葉を口にする。 すると...

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。