★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK-ゴシック  第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

GOSICK-ゴシック  第5話 
「廃倉庫には謎の幽霊がいる」




『木の葉を森に隠す為に此処に来たのだよ…』納骨堂で見つけた本を隠す為に
アヴリルは図書館に隠したと言うヴィクトリカ…その本の隠し場所とは…天国の
天国に関する書庫の階段の13段目で止まる、その位置に本は隠されていた…

GW-17311new0.jpg


その本をめくると、間には冒険家の祖父からのアヴリル宛の絵葉書が有ったが
切手には消印は押されていなかった…『飽きた…君も用は済んだろ?帰りたまえ』
ヴィクトリカが絵葉書をヒラヒラさせて言う…

GW-17316new1.jpg


途中、ブロワ警部から此の町にクィアランという怪盗が現れたと聞く!此処
7~8年はなりを潜めていたらしいが…その後、一弥は倉庫前で物音が聞こえ
覗こうとしたら…何者かに後頭部を殴れ気絶…目が覚めたら本は無くて、
アヴリルがいた…一弥は金色の妖精の話で図書館にヴィクトリカという女の子が
居ると、思わず言ってしまった一弥…  

GW-17320new2.jpg

※ブロワ警部は 今回 何故ヴィクトリカの所へ行かずに一人で悩んでいたのか?
 きっと先週言った『灰色狼の分際で』って言い過ぎたと思って顔を見るのが
 気まずかったのかな?と思ったのですが…そんなに殊勝な人かな?(笑)

 わっ!何で一弥は怪しいと思っているアヴリルに、ワザワザ、ヴィクトリカの存在を
 言うのだ?マズイでしょ?




その後、失くなった本を探しに行くが…幽霊が出ると噂の倉庫から物音が聞こえ
そして『助けて…』と声も…一弥は大慌ててヴィクトリカの所へ逃げて来る!
するとヴィクトリカはいなくてアヴリルがいた…不審に思う一弥だったが… 

GW-17326new3.jpg



『甘い匂いがするぞ!犬のフンみたいな姿なのにな!』そんな事より…(^_^;)
『怪盗に倉庫の幽霊に金色の妖精…あのアヴリルと言う奴な、アイツが二代目
クィアランだ』『え”ー?』 初代クィアランはマキシム…彼は盗んだ物を学園に
隠しに来ていた、そしてあの本を隠す前に閉じ込められて納骨堂で死亡…
アヴリルはその本を見つけ、また隠した…というのだ♪  

GW-17334new4.jpg


ヴィクトリカから助けてやれと言われ、ブロワ警部と倉庫へ行くと…なんと、本物の
アヴリルが監禁されていた!あのアヴリルは偽物!一弥は図書館へ急ぐ! 

『クィアラン!』『フ~ン、バレちゃったの…』本性を現したクィアランは、あの
絵葉書に付いていたペニーブラック切手を狙っていた!『何処に隠した!?』

GW-17340new5.jpg

※「何処に隠した?」って首を締められてはいえません(^_^;)



『アンタじゃなかったら、誰が持ってるって言うんだ!』『私が持って居るのだよ…
久城から離れたまえ!その男は…私の下僕なのだよ…』クィアランは
ヴィクトリカから大量の本を投げつけられ階下へ転落…一弥は助かった♪ 

GW-17348new6.jpg


倉庫から救出した本物のアヴリルを見舞った一弥…元気に食事を取ってました♪
『ずっと不安だったから、貴方が助けに来てくれた時、黒髪の王子に見えちゃった』

GW-17353new7.jpg


無事に絵葉書を届けた一弥は、ヴィクトリカの元へ戻る…『やっぱり居たんだね…
でも僕が駆けつけて時は居なかったし…あの時は何処に居たの?』『知らない
奴だったからな…』知らない人が来るとチェストの中に隠れるらしい…その中は
お菓子を持ち込んだ、ちょっとした隠れ家になっていた♪『でも、僕が初めて来た
時は隠れて無かったよね?ねぇ何で?あれ?君どうかしたの?赤くなってるよ』
『赤くない…赤くないったら赤くないのだぁーー!!』

GW-17361new8.jpg


※ハイハイ…赤くない赤くない…(笑)でも何故なんでしょうね~あの時一弥が
 階段を登って来ていたのを知っていた?のですよね…普通に本を読んで
 ましたよね? 

 赤くなってるって事は、まさか一目ぼれでもあるまいし…ねぇ~(^_^;)
 変わったのが来たから興味が有ったんでしょうかね(笑)

 本物のアヴリルは明るくて、冒険家の孫らしく?人種に対して違和感を感じる
 とか、差別などしないのですね♪これで一弥も、学校で普通のガールフレンドが
 出来て良かった良かった~♪
 

 人々が噂をしている、一寸怖い金色の妖精は、本当は実在する可愛い女の子で…
 って事を言いたいのは分かりますが、未だ不信感が残るアヴリルに ベラベラと
 しゃべるのはどうかと思いました~で、やっぱりヴィクトリカも危険な目に
 合いそうになったし…一弥はもう少し賢い子だと思ったのに~(笑)
 
 ところで…最初のワイヤーで首なしオッサンを作った事件とは何の関わりも
 無かったって事でOK?(^_^;)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

GOSICK-ゴシック  第5話 「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

  GOSICK-ゴシック  第5話  「廃倉庫には謎の幽霊がいる」       『木の葉を森に隠す為に此処に来たのだよ…』納骨堂で見つけた本を隠す為に アヴリルは図書館に隠したと言うヴィクトリカ…その本の隠し場所と...

【GOSICK 第5話-廃倉庫には謎の幽霊がいる】

図書館には可愛らしい小さな探偵さんがいる。

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。