★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切りは僕の名前を知っている  第17話 「桜」

裏切りは僕の名前を知っている 
第17話 「桜」




人と人成らざる者の間に生まれた禁忌の子…泠呀様は、一族の
子供達の中でも『化け者!』と呼ばれ、時折 虐めにあっておりました…
しかし 天白様と夜御だけは仲良く接してくれたのです…
泠呀様は、花も咲かなくなった桜の大木を見つめ、何時か花を
咲かせてみたいと思う、清らかな おのこでございました…
と、今回こんな感じで書きたい気分で御座います(笑)

それから、数年が経ち、魔物退治をしてきた祇王家の貴公子らも
更に美しく、ご成長あそばされ…朝廷より、都の魔物退治の命に
泠呀様は『俺が行く…』 『イヤ…泠呀にはこの里を守って
貰わなけれねば成らないからな…頼んだぞ…』

GW-05917new0.jpg



その夜…『私は泠呀が心配でなりません…何時か泠呀自身が
その力を持て余すのでは…』夜御と天白様の話を偶然聞いて
しまった泠呀様…桜の木を前にして泠呀は『俺の血は穢れて
いるのか?…俺はこの桜と同じだ…花を咲かせぬ桜は桜では
ない…』『その桜、今年は咲くぞ』
もう花を咲かせる事がないと思っていた桜に蕾が生っておりました…
『此度の遠征、直ぐに片付けて、花見に間に合う様
戻らねばならぬな…』

GW-05923new1.jpg


天白様を祈る様に見送る夜御を見て、切なそうな泠呀様…
ふつくしい~でございます~  ←(鼻の穴が広がるw   

その後…桜の花も咲いたと言うのに、待てど暮らせど
天白様からの便りも無く…その頃…天白様は魔物退治に少々
手間取っておりましたがようやっと収め…こちらの被害も少なく、
いよいよ里へ戻る事にあいなりまして御座います…

何処のナレーションですかっ!(●>艸<●)w笑w

GW-05935new3.jpg



夜を徹して馬を駆け、目指す里…しかしその空は赤々と照らされ…
屋敷に着いた頃には火の海…未だ息の有った使用人は
『魔物の大群が…』『結界はどうした?』『泠呀様が…』『泠呀が?』
炎の中で、夜御の亡骸を見て駆け寄ろうとした天白様は
泠呀の攻撃で顔を傷つけられてしまいます!
GW-05935new13.jpg


『泠呀…まさかお前が?』『遅い…遅すぎたのだ…何もかも…』

GW-05937new4.jpg


天白様から話を聞いた夕月を橘、為吹、椿姫さん達が待っていて
くれました♪『これからどうするの?』『僕はもう…誰にも傷ついて
欲しくないんです…だから戦います…ソレが僕に出来る事なら…
あの…お二人は僕の叔母に当たるんですか?』
『じゃ~観月さんの事も解禁か…君のお母さんの名前だよ』
橘さんが言う…『夕月君コレ…』写真を渡され…『僕のお母さん?』 

GW-05943new5.jpg


父親の名前を言わず、夕月を連れて姿を消した…
『でもね、これだけは覚えておいて、観月ねぇがアンタを施設に
預けたのは、けして要らなかった訳じゃなく、守りたかったんだと
思う…』ママはお腹の中の夕月を大切にしていた…
望まれて生まれてきたのだという事を 為吹、椿姫さんから聞く♪ 

GW-05947new6.jpg


『ずっと、自分は要らない人間だと思っていたけど…僕は望まれて
生まれて来たんだ…ソドム…お前のマスターどうしてるかな?
なんでだろう…ルカに会いたい…』


GW-05950new7.jpg




※(;´∀`)・・・うわぁ・・・ 夕月君のママ 超~綺麗~
 負けた!←(゚Д゚)ハァ?(笑) あれじゃ~ 天白様の御手が付かない
 訳がない!もし付けなかったら、天白様ガチホモ決定ですよ!(笑)
 
 うむぅ~本妻の私は←(ダマレ  天白様が夕月ママに血迷っても
 文句は言えないわ~(爆) 
 
 しかし…夜御さんが天白様の最愛の人?…どうなんでしょうね (^_^;)
 天白様がパパじゃない可能性も…?じゃ誰の子!?
 
 でも…何だか、夕月ママは幸せそうな顔はしてませんね~(^_^;)
 本当は一番幸せな顔してて いい時期だと思うんですが…
 わが子の行く末を思えば、にわかにニヤニヤも出来なかったのかも
 知れないですね

 天白様のほっぺの傷からの血、出過ぎだろ!まるでマリアさんに
 毒舌吐かれたシスター じゃないか!(●>艸<●)w笑w 

 【黄泉の落日】かと思ったら【夜御の落日】なんでしょうね?
 本当に泠呀様がやった事? 『人は裏切る』とよく言っているので、
 誰か他の人にハメられたって事はないですかね?
 
 泠呀様は結局、誰も助けられて無くて、こうなったのは自分の
 せいなので言い訳も しなかったとか… 天白様は、ずっと
 勘違いしてるんじゃないでしょうか…
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裏切りは僕の名前を知っている17話「桜」感想

この記事には一部、ネタバレが含まれていますのでご注意を。・感想&amp;nbsp;千年以上前の話、ひっそりと暮らしてた祇王家を束ねた4人の内の天白、冷呀、夜御が関係する話の中で、天白が急いで里に戻った時に冷呀が里を焼き尽くして冷呀が何かに対して遅いといっていた事

裏切りは僕の名前を知っている 第17話「桜」

---時代は過去に--- 祇王一族を束ねていたのは、最高指導者?と天白・妹の夜御・怜呀。 3人とも・・美しい--- 天白が里を留守した間にデユラ...

裏切りは僕の名前を知っている #17

「桜」 1000年前にさかのぼってのお話でしたw 平安時代の頃だったんで天白たちの役目は今で言う陰陽師っぽい感じなんでしょうね?! 魔物を祓う仕事を請け負っていた祗王家  主に天白と夜御と?呀の三人で魔物退治をしてたんですね! ?呀の力を恐れていた夜

裏切りは僕の名前を知っている 第17話 「桜」

裏切りは僕の名前を知っている   第17話 「桜」 &nbsp; &nbsp; [[attached(0,class=popup_img_404_294 width=404 height=294)]] &nbsp; 人と人成らざる者の間に生まれた禁忌の子…&#27872;呀様は、一族の子供達の中でも 『化け...

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。