FC2ブログ

★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

花咲ける青少年  第27話 重い鎖

第27話 重い鎖





『私は私の感を信じてる!此処が騒ぐんだってば、早く早くって・・』花鹿を
ラギネイへ行く様に何かが付き動かすのだと寅之助に心の内を明かす・・
そして、ラギネイへ行ったまま行方不明になっているユージィンの情報を得る
リーレン様達の話を聞いてしまった花鹿『ユージィンが心配って何?ラギネイで
何が有ったの?』リーレン様は、ユージィンの事はカールに任せたと言うが・・

『私!ラギネイへ行く!』『何度言わせる、駄目だと言ったら駄目だ』『判った』
とうとう、リーレン様とも本気の喧嘩をしてしまった後に、リーレン様の従妹の玲莉
(リンリー)を紹介される♪無邪気にリーレン様に飛びついて行く美少女♪
そして、倣家の長老達がリーレンの元へ訪れていた


『倣の総帥としてお前もそろそろ身を固めてはどうかと思ってな、長老会
全会一致で花嫁を決めた訳だ、従妹の玲莉だ♪』『冗談じゃない!・・』
嫁は自分で決めるお怒りのリーレン様♪『玲莉は大事な従妹です、そう言う
意味では愛していないのです』それを聞いた玲莉ちゃんは泣きながら
部屋を出て行ってしまいます☆それでも長老達は『総帥の妻は一族の
母でも有る。玲莉を妻に迎える事は一族の意志だ!一時の感情等で
選んだ女等、絶対に認めんぞ』   『承知しています・・』


『あの子が・・リーレンの結婚相手って事?』『そう・・なりますね』
何故が心が痛む花鹿は、リーレンの言葉にショックを受け、部屋を出て来た
玲莉と偶然合ってしまいます。『花鹿さん私の夢だったんです、お兄様の
妻になるのが・・』慰める花鹿に『花鹿さんって優しい~お友達になって
下さる?・・・協力して頂ける?お兄様が私を好きになって下さるように』





これから、玲莉達がホテルへ帰ると聞いた花鹿は・・・・ルマティの所へと
行きます♪『予定通り、今夜行くよ』『良いのか?帰ってきたらリーレンは
結婚してるかもしれないぞ』『リーレンが決める事だ・・少し離れてみた方が
良いのかもしれない・・』 《本当なら俺が行きたい、だが俺の身体には
思い足枷が付いてしまった、この身体はもう俺一人の物では無いんだ》 
花鹿は警護の眼を盗み、玲莉達が帰る車のトランクへと・・・・




一方、ラギネイの王政制排除派サバジ大尉達は今夜、宿舎、駅、空を一斉に爆破、
TV局を占拠し、王宮を落とすとイオエに報告『世界はサバジ大尉の革命評議会を
ラギネイの新政府として承認するでしょう!』と煽るイオエだったが・・・

『奴らはルマティィ殿下が復帰する為の捨て石』と言い切る・・・

そしてノエイもラギネイへ戻り、ルマティと打ち合わせ通り、コペル大尉と密会・・・
サバジ゙が動いてもどうにもならない事、ラギネイには担ぐ王が必要な事など話合い、
ノエイはコペル大尉に、はやる連中を抑えて貰う様に要請する♪



※『錯覚で結婚する程、人間出来てない』とリーレン様は言いますが、花鹿と言う存在が無ければ何も言わず
 黙って玲莉と結婚するでしょうね☆彡  まぁ~リーレン様もその事を十分に理解して居ながら、一回は
 長老に逆らってみたくもなりますね☆彡
 それに玲莉は性格も良いですからね~♪何よりも一族が認めた人間で、これで倣一族も安泰って訳です。
 
 さて、花鹿は倣家を脱出してラギネイへ?どうやって行くのかな(^_^;) シンガポールから近いから
 直ぐ着きます・・そうです♪テロが行われるその時に空港へ到着するのですね・・無謀だ・・
 (; ̄ー ̄A アセアセ・・・これで又誰かが危ない目に合うのね~

 リーレン様の結婚話を聞いて心が痛む花鹿ですが、今はそれよりラギネイ=ルマティ or ユージィンを
 心の赴くままに優先しました・・まぁ~花鹿自身も言う様に一旦、離れてみた方が良さそうですね・・
 それで、どうにかなったらそれは運命と諦めましょう~(笑)

 本当なら自分がラギネイへ行って何とかしたいルマティは自身に重い鎖が付いてしまった事を
 自覚しました・・そしてまた、リーレン様にも重い足枷がずしりと圧し掛かってますね(^_^;)








スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天