★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦う司書 18話 プロペラと追想と鉛の人間

18話 プロペラと追想と鉛の人間




『さすがだ』『未だ未だです!ビザクさん!』ヴォルケンは分身の術?でビ゙ザクを
囲む☆それを見たオリビアは僅かな記憶を取り戻す…



オリビア・リットレットの記憶

『そのまま魔術審議を続けろ!……を取り戻す為に!』白煙号の乗っていた肉で
有った頃、肉達を集め、ユックユックを囲んで魔術審議を行っていたオリビア…

過酷な魔術審議に命を落とす者もいた『お前たちは人間になりたくないのか!』
『人間に…なりたい…です…』

 

ヴォルケンからの一撃を受けたビザク『これで良い…強くなったなぁ~』『指導、
あリがとうございました』ヴォルケンは再び飛行艇に乗りオリビアと去って行くが…
何者かに襲われ、ビザク死亡☆ その頃、ハミュッツもヴォルケンを追っていた♪
『オリビア・リットレット、ヴォルケンと白煙号、そしてレナス・フルール…この三つを繋ぐ
符号はタダ1つ…未だ生きていたなんてねぇ~ベンド・ルガー…』


ハミュッツ・メセタの記憶

ずっと昔に、極秘任務でフォトナと砦に立て篭っている反逆者の抹殺を行った・・・
依頼者は【楽園管理者】  

反逆者とは真人の少女(菫の咎人と言われる)だが、天国を滅ぼそうと擬人達を
味方につけ、尚且つ【鉛の人間=ベンド・ルガー】をも、従えていた☆

砦に赴いたハミュッツは独りで一掃・・・・『生き残りは?』フォトナに聞かれあっさり
『いる訳無いでしょ♪』

ハミュッツは気付く・・楽園管理者が武装司書に対抗してあのベンド・ルガーを作ったと
ベンド・ルガー達は思考を共有しており、統率が取れているらしい・・・そしてハミュッツが
破壊したベンド・ルガーは最後の2体の筈だったが・・・その後、フォトナから未だ1体の
生き残りがいると聞かされる☆

彼らは思考を共有している、すなわち【菫の咎人】の意志を受け継いでいるので
1体でも残して置く事は、真に菫の咎人の死ではない・・・

ハミュッツは残りの1体をも抹殺・・・『これで、本当に終りね・・・』

しかし、あの時・・・白煙号襲撃の時に見た落書き
【ベンド・ルガーは生きている、オリビア・リットレットの心の中に生きている】


《聞こえますか?ヴォルケン・マクマーニ》《ミレポック…》ミレポはヴォルケンに代行が
乗った飛行機にトラブルが有り未だ追いつけない事、皆はヴォルケンを支持
していると偽の情報を伝える☆『武装司書達が俺達に味方をしてくれて
います』仲間の信頼を勝ち取ったと信じている甘々ちゃんヴォルケンに
『本当か?』と疑うオリビア♪そしてオリビアは、見慣れた時計塔を見て此処で
降ろせと言う『私は此処にいたんだ、此処でベンド・ルガーと…』



オリビア・リットレットの記憶

食べ物もなく、漁っていた子供からナイフで脅し取るような事をして生きながらえて
いた少女時代…肉にするべく、子供達を攫っていた神溺教団に囚われたオリビアを
救ったのは、ベンド・ルガーだった・・・それから・・・・

大人になっていたオリビアは神溺教団が飼っていた魔術師のシャーロットに
色仕掛けで取り入って、ユックユックを持ち出し、肉達に魔術審議を行っていた
オリビアが取り戻したい、【何か】の為に死んで行く仲間達・・・・



廃墟の中で少しづつ思い出してゆくオリビア『ふん…とんだ女だよ私は…
慕って来た奴らを事如く自分の欲望の為に…《そこまでして私は、何を
取り戻したかったって言うんだ》』《オリビア…》『レナス?レナス・フルールか?』
《貴女は一番大事な事に気付いていない、だから目的も思い出せない…》


《ヴォルケン・マクマーニ…》ミレポはヴォルケンに思考共有で連絡を取る♪《お前には
迷惑掛けてばかりだ…俺なんかの為にラスコールを、そしてアーガックス迄…
ミレポック、いつもすまない》その言葉で昔を思い出したミレポ…《ヴォルケン…
逃げて!逃げてヴォルケン!そこにいては駄目!代行が…》止めたのはマット
そして、ハミュッツはヴォルケンの直ぐ近くまで迫っていた☆

※やはり、どうしようも無く甘ちゃんなヴォルケンでした(笑)この人の言う【正義】も【悪人】も自分一人の
 勝手な思い込み・・・それに組織の中で動いている武装司書達が同調する筈も無く・・・
 
 ミレポも、オリビアも思い出しましたが、アーガックスの水も、それ程たいた事はないと言う事ですね~(^_^;)
 人の思い出とか記憶とは魔法なんかで押さえつけられないのだと言う事を言いたいのでしょうね☆
 
 しかし、アーガックスを使ったミレポックも弱い人間だと思いましたが、ヴォルケンを思い出して、同僚を
 庇うと言うよりは、たんに惚れた男をだから、立場も忘れて公私混同して助けようとするとは・・・
 自分で弱いと認識していて、強くなろうとしてたのに・・・やはり精神的に、中々強くなれないですよね☆
 
 ミレポは武装司書にとっては都合の良い能力を持っていますので、それでも大事にされそうですが
 ヴォルケン坊ちゃんは・・・根性叩き直さない限り、この人は・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・  

 またまた、謎で良く分からない人?達が出てきました【菫の咎人】とベンド・ルガーですが・・
 悪人と言う風には思えませんでしたが・・・少女が天国を滅ぼそうちするくらいに、天国とか神とかは
 相当ロクでもないモノだったんでじゃないのでしょうね~( *´艸`)









スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。