★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちやはふる 第3話 「ふれるしらゆき」

ちやはふる 第3話 「ふれるしらゆき」



『こんにちわ~』千早、新、太一の3人は競技かるたをしている白波かるた会と言う
所へ行く…本物のかるたを見た千早は《違う…かるたはスポーツだ!》

GW-04757new0.jpg


『歓迎する!』原田先生の熱烈歓迎♪素人の千早達を小馬鹿にして来た同年代の
子達と対戦する!新は二人にレクチャーし、作戦を立てる…千早の担当の札は
一字決まりの札を預け、太一にはヤマを張れる六字決まりと五字決まり…

GW-04765new1.jpg

※一字決まりの札=最初の1字を聞いただけで直ぐに下の句が分かる(取れる)
 札…例えば『む』から始まる句は1つだけなので、直ぐに『きりたちのぼる~~』
 の、札が取れる…一字決まりの札は、「む・す・め・ふ・さ・ほ・せ」これらが
 一字決まりの札で、上記の様に覚えるのだそうです♪千早もそう覚えてましたね
 これだけなら千早にも直ぐ、取れそうです!さすが新君~♥♪




『綿矢 一人でやれば良かったじゃん』足手纏いが居ない方が勝てた言う太一に
『チームになってみたくての』…と言っても…新がダントツで札を取る!(^_^;)
原田先生も感激!太一もようやく取った♪『太一、ナイス!』8

GW-04771new2.jpg


千早も取りたい!《聞け…聞け》そして『やった~』千早が1枚取る!《今の[ふ]が
聞こえんかった…》最初の一字が未だ聞き取れないくらいで動いていた千早…
太一は《一字決まりでは千早に負ける?》千早に対抗心を燃やした太一!

GW-04777new3.jpg

※イヤもう~対戦相手はスルーですか?チーム内での戦いになってます(笑)
 千早は耳が良いのですね!



『君達、名前は?ウチのかるた会入るかい?』『入ります!綿矢新!小6です!』
『綿矢新?小1から小5まで毎年全国優勝している奴だ!』そして祖父は有名な
名人だった!こうして3人は白波かるた会へ入会した♪

GW-04784new4.jpg


そして3月には団体戦が有るという!『僕は勝つけど…これは特訓やな』『特訓!』

家に帰るとお姉ちゃんのオーディションと聞いて写真を撮りまくる千早…『今でも、
夢はお姉ちゃんが日本一になることって言うのかしら?』『…お姉ちゃんごめん。
私、やりたい事が有る!』千早はいつでもどこでも百人一首を覚える事に没頭する

GW-04793new5.jpg


冬…百人一首を読みながら帰る3人…『ね?綿谷くんはさ…』『新…新や…』『新…』
『じゃ~俺も新…いいよな?』『太一、新、新、太一…ずっと一緒にかるたしようね』

GW-04798new6.jpg


ずっと、一緒にかるたが出来ると思っていた千早…しかし…太一は有名中学に行く
事になり、新は祖父が倒れ、卒業したら福井へ帰る事になり『私、出ない!大会
なんか…大会なんか出ないよ!』《一人になるんなら、かるたなんか楽しくない!》
原田先生の所へかるたを返しに行った千早…先生は太一の努力や新の祖父に
対しての思いなどを千早に諭す…『君が辞めたら私も寂しいよ…』

GW-04804new7.jpg


大会…一回戦の始まりだが、新は風邪で調子はイマイチで、千早は未だ来ない…
その頃、千早の元へ届けられた(チームちはやふる)のトレーナー…千早は走る!

『そっちのチームメイト、負けるの嫌で来ないんじゃねぇの?…肉まん買って来よ』
『肉まんは私に負けてからして!』『千早!』『アタシだって怒ってるんだからね!
でも、こんなに寂しいのは私だけじゃないよね?』

GW-04814new8.jpg



『太一…千早のトロフィーあげたかったな…』『ごめん!俺が勝ってれば…』結局
優勝は出来なかった…『もっと…もっと3人でかるたがしたかったよぉ』『何で
泣くんや?凄い楽しかったや…』そして、卒業…

GW-04822new9.jpg


引越し準備をしている新たの元へ『私とかるたしてよ!真剣勝負!』太一が読み
千早と新の勝負…『言ったが…勝つのは俺さ』『負けない!私だって、貴方に
出会ってかるたを大好きになったんだよ!』『かるたを一緒にしてくれて
ありがとうな…千早も太一も…でも多分もう会えん…』

GW-04833new10.jpg


『何で?私達にはかるたがあるから、また会えるんじゃないの?
続けてたらまた会える…絶対会えるよ』

GW-04837new11.jpg


※皆バラバラになってしまいましたね~(^_^;) 『続けていたらまた会える』此の
 言葉は千早が言たのですね…

 でも中学で千早は陸上部で、白波かるた会には通っていたんでしょうかね?
 太一も勉強が忙しく…新も、大会には出てなかった…と言うことは、かるたは
 どうしてしまったのか…

 次回からは高校編?に戻るのですね?新はどういう登場の仕方するのかな~
 楽しみです~♪



本日登場の百人一首

《太一が取った句》

朝ぼらけ 宇治の川霧か たえだえに  あらはれわたる 瀬々の網代木

※ほのぼのと夜が明けるころ、宇治川に立ちこめた川霧が、 とぎれとぎれに
 晴れてきて、しだいに川一面に現れてく る、浅瀬に仕掛けられた、
 網代木(あじろぎ)よ。
      By:権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより)



《千早が取った句》

吹くからに 秋の草木の しをるれば  むべ山風を 嵐といふらむ  

※山から風が吹きおろしてくると、その風によって、たちまち秋の草はしおれ、
 木の葉は散ってしまう。なるほど、それで、山から吹きおろしてくる風を「嵐」と
 書き、「荒らし」というのだろう。
            By:文屋康秀(ぶんやのやすひで)


《今回のサブタイトルの句》

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに  吉野の里に 降れる白雪  

※ほのぼのと東の空が明けはじめる頃、戸をあけてあたりを見わたしてみた。
 すると、まるで有明の月の光がさしているのではないかと思われるほど、
 まっ白に、この吉野の山里に降降りつもっている白雪よ。

 By:坂上是則(さかのうえのこれのり)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちはやふる「第3話 ふれるしらゆき」/ブログのエントリ

ちはやふる「第3話 ふれるしらゆき」に関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.10.19 22:04

ちはやふる 第03話 『ふれるしらゆき』

スーパー早送りモード。かるた会への入会から試合~小学校卒業~別れまで一気に飛びました。早くて感動の余韻に浸る余裕がありません。話自体は良かったんでです。でも今週特訓&来週試合と二回に分けた方が別れる寂しさをもうちょっと出せたのでは。  千早がKY過ぎ?...

ちはやふる 3話 「ふれるしらゆき」(アニメ感想)

【あらすじ】 千早と太一、新の三人は地元のかるた会の「白波かるた会」を訪れ、 責任者の原田や同年代の木梨浩(ヒョロくん)らに出会う。 ヒョロくんと源平戦で戦う三人の姿を見た原田は、千早の才能を見...

ちやはふる 第3話 「ふれるしらゆき」

ちやはふる 第3話 「ふれるしらゆき」   『こんにちわ~』千早、新、太一の3人は競技かるたをしている白波かるた会と言う 所へ行く…本物のかるたを見た千早は《違う…かるたはスポーツだ!》       『?...

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。