★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンタリアンの書架 #12 (終) 「第14話 まだ見ぬ明日の詩」

ダンタリアンの書架 #12 (終)
「第14話 まだ見ぬ明日の詩」




『(きっと貴方は大人になるに連れて忘れて行くでしょう…それでも、だからこそ
貴方に私の鍵を託しましょう…私は嬉しかった…いつか私を外に連れて行って
くれると約束してくれた事が…)懲りない人ね…あれだけ言ったのにまた来たの?』

GW-03927new0.jpg


ロンドンでゾンビ出現!の新聞記事…『幻書が関係していると思わないか?』
『償いの書かもしれません』読んだ者をゾンビ化するモノ!二人はロンドンで早速
ゾンビと遭遇する!間違いなく償いの書なのです。』街で少年が売っていた新聞の
広告にその文字が載っていた…そして二人はゾンビが働いている工場を発見!

GW-03938new1.jpg



『ようこそロード・ディスワード』教授とラジエルに出会ったヒューイ達…教授達の
狙いは戦後の復興会議の妨害だった!ヒューイは教授に撃たれてしまう!更に
ダリアンに銃を向ける教授『時代は巡り文明は発達する、幻書とて例外では有り
ません。それを狭い書架に閉じ込め様とは』『世界には知るべきでは無い事も
有るのです。』ヒューイは渾身の力を振り絞り、ダリアンを連れて逃げた…

GW-03952new2.jpg


『ダリアン、書架を開いてくれ…このままじゃ外に出られない。僕も君も、あの人も』

《僕はずっと君の事を探していたんだ…僕は決して君を一人にはしない…行こう!》
《ハイ…》少女を連れ出し、扉の前迄来るが番人が現れ二人を引き離してしまう!

GW-03962new3.jpg


少女は捕われ、ヒューイは何も無い空間を彷徨う…《僕は、誰だ?》『ヒューイ!
しっかりするのです!このままでは永遠にそこを彷徨う事になるのですよ!』
《聞こえる?もう一人の私。貴女と私の大切な人を助けたいの…手伝ってくれる?》

GW-03968new4.jpg


《君は?》幼いヒューイに本を渡され《これは?…そうか…君は…ありがとう、確かに
受け取ったよ》光がヒューイを包み戻って来た…『遅いのです、うすのろ』

GW-03975new5.jpg

※(´ε`;)ウーン…ヒューイの台詞がイミフ…『君は?これは?君は…ありがとう』って
 何?(^_^;) そして、あの小さな子は ヒューイ自身じゃないのですか?幼い頃の
 自分と出会っても、気が付かなかったって事でしょうか… 現代の様に、
 子供の頃の写真がたくさん有るわけでも無いので、分からないのかもしれない
 ですね(^_^;)

  

『月は静かに語る…誰にも聞こえぬ声で…』自分自身から受け取った本を読み
上げるヒューイ…《ありがとう、貴方は私に大切なモノを与えてくれた》《待って!
君は…》《今は未だ行けない。だけど何時かきっと…》《いつか、きっと…》

GW-03981new6.jpg


街からゾンビは消えるが『もう遅い…必要な部数は既に刷り終えています』しかし、
幻書は燃やされる『焚書官…』『こんなものは世の中に必要ない』『本を焼く者は
やがて人をも焼くようになりますよ』『人間ならとっくに焼いた。大切な人も、
この手でな…』 『そうですか、ではまた何処かでお会いしましょう』

GW-03986new7.jpg


『あ?』『少尉殿!』『ダリアン、ヒューイが目を覚ましたわよ』『ようやく目を覚ました
のですか?この寝坊助が…』ダリアンの口に揚げパンの砂糖が付いていて思わず
笑ってしまうヒューイ♪《僕は未だ前に進む…未だ見ぬ明日へ》

GW-04000new8.jpg


※ハイ…アニメは終わりましたが、原作はまだまだ続きますよ~又は、お話は
 もっと有りますよ~的な終わり方でした(笑)

 ハル&フラン組は、とにかくこの世に幻書は有ってはならん!全部焼き尽くす!
 教授&ラズ組は、幻書も文化!どんどん使って行こうぜ!?

 ヒューイ&ダリアンはその中間で、幻書も知識の内、失くすよりは必要な時に
 使うにたる人が使えばいい?という感じですかね♪
 
 もっとも…ダリアンの様な書架って世界中にどのくらい居るのでしょうね?そして
 何故、こうもそれぞれ違う個性なのでしょう…国民性ってこと?(^_^;)  

 #11や今回の#12は良く分からない台詞や、シーンが飛んだりして…変な感じが
 しました…単に私の理解力不足だったのか?(^_^;)
 
 これで《ダンタリアンの書架》のアニメは終わりましたが、すごく面白いとまでは
 感じ無かった… 原作は面白いかもしれないですけど…1クールで短かったので、
 もしかして もっと面白いお話が端折られているかもしれないですね…(^_^;)

 ま~今期は名作や面白いアニメ作品が多かったので、残念ですが、地味な
 印象でしたね…それでも、《ダンタリアンの書架》は、全体的に良作だとは
 思います♪ アニメスタッフ、キャストの皆様!お疲れ様でした♪  
 
 そして、この記事を見てくれた方、傑作ポチ、ブログ村ポチ等…コメントや
 トラバ下さった皆様に感謝です!ありがとう御座いました♪
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンタリアンの書架 #12 (終) 「第14話 まだ見ぬ明日の詩」

ダンタリアンの書架 #12 (終) 「第14話 まだ見ぬ明日の詩」       『(きっと貴方は大人になるに連れて忘れて行くでしょう…それでも、だからこそ 貴方に私の鍵を託しましょう…私は嬉しかった…いつか私を外に連れて...

ダンタリアンの書架「第12話 まだ見ぬ明日の詩」/ブログのエントリ

ダンタリアンの書架「第12話 まだ見ぬ明日の詩」に関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.10.05 00:45

ダンタリアンの書架 第12話(終) 『まだ見ぬ明日の詩』

三組の読姫&読手揃い踏み。たまにニアミス起こしていたこともありますが、彼らが遂に一同に介しました。最終回らしい展開と言えますね。でも役割がバラバラみたいです。 幻書を作る者・・・赤の読姫ラジエルと教授(ドイツ)。幻書を保管する者・・・黒の読姫ダリアンと?...

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。