★アニメ三昧★

現在放送中のアニメのあらすじと感想♪【★アニメ三昧★戯言・言いたい放題】のミラーブログです)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンタリアンの書架 #11 「第13話 ラジエルの書架」

 
ダンタリアンの書架 #11
「第13話 ラジエルの書架」


1917年イギリス、ノーフォーク州海軍航空隊基地…新人の癖にベテラン飛行機
乗りを追い掛け回すヒューイ♪小生意気なヒューイを上官アイラスは詩の一遍を
読み『空を飛ぶのが待ち切れない子供…だろ?』ヒューイを気に入った様だ…

GW-03663new0.jpg


『さぁ帰ろう…汚れた魂の故郷へ』アイラスが詩を読むと側にいたパイロットは
操縦不能になり、これを撃沈!そして淡々と詩を書きだすアイラス…『何故だ?
アイラス!』ヒューイも攻撃を受けるが鍵を掴もうとして機体は傾き、助かった…

GW-03668new1.jpg

※ン?アイラスは味方機を撃墜したってことでしょうか?意味分からん(^_^;)

アイラスはドイツ人の酒場に来ていた…アイラスは敵の断末魔の叫びを詩に
書いて居ると言う…『戦争が終われば書けなくなる、そうすると…』『そうすると?』
急に頭痛がして…火の中に自分が居て…赤い少女が笑っていた…

GW-03676new2.jpg


気がつくとベットの上にいた…『誰だ?』『貴方は覚えているの?』あの赤い少女…
少女はアイラスの詩を幻書の卵だというが、狂気、恐怖、強い感情、境界を超える
ほどの人々の強い思いが未だ足りない…『お前が幻書を作って居るのか?』
『Nein、私は書架。大天使ラジエルの書架…』

GW-03680new3.jpg



子供の頃、アイラスはライト兄弟が飛行実験に成功した新聞記事を読み、空を飛び
たいと思った♪『オービル・ライトに会いたい』『会ってどうする?』『聞いてみたい…
幸せかって…』その後、飛行機は戦争の道具として使われる…

GW-03686new4.jpg


《空翔る少年の夢は何処よりきしもなりや?…》アイラスの詩の朗読が始まる…
空には灰色の巨人が現れ、飛行機たちを次々に落としていく…そこへ…《凛々しく
荒野に生え育ち、凶暴な鎧を纏し、野のあざみ…何故その優しい綿毛を隠すか?》

GW-03692new5.jpg


『ヒューイ…』『アイラス…お前は死んだんだ…死んだんだよ、あの日…パリで…』
『馬鹿を言うな!俺はこうして飛んでいいる…俺の詩作の邪魔をするな!』
『何言ってんだ…邪魔なんかしやしないよ…最後に挨拶したかっただけだ…
旅立て兄弟!』ヒューイはアイラス機へ攻撃…

GW-03696new6.jpg



『もう1冊詩集が有ったなんて…良い読み手ね、あの若い男…』『未完成の幻書を
読みこなせる者が他に居るとは…』炎の中から出て来たアイレスに『貴方は境界を
超える事が出来なかった…』ラジエルと教授はアイレスの詩集が幻書となり得ると
期待して、死んだアイラスを蘇らせた…『俺はだた飛びたかっただけ…だ』

GW-03703new7.jpg


うっかり、アイラスとの写真を焼いてしまったヒューイの元へ手紙が届く…その後
ヒューイは軍を辞め…祖父の屋敷へと来る事になる…鍵を取り出し『…違うか…』

GW-03708new8.jpg


※あ~これで、1話の冒頭へ繋がる訳ですね…ダリアンと出会う前のヒューイの
 エピソードでしたが、既に幻書との不思議な体験は済んでいたと言う事でしたか

 アイラスの詩集を幻書にするため、イラジエルと教授はワザワザ生き返らせて
 戦闘をさせる事とによって、詩を書かせたのですね…

 ラジエルの鍵穴は目に有ったのですが、もしかしてあそこに手を突っ込むのか?
 (^_^;) お腹に突っ込むのもグロいと思ったけど。目に…そんなシーン絵で見たく
 ないっ!やはりダリアンの胸に突っ込むヒューイがエロくていいですね(笑)

 にしても…ヒューイが持っていたあの、もう1冊の詩集とは一体何でしょうね?
 アイラスの遺品かなにかを持っていたってことでしょうかね(^_^;)

 ま~今回はなにやら、分かりにくかったですよ!(^_^;) お話が難しいのでなくて
 前後の繋がりがないような?シーンがいきなり来て…それは多分、アイラスが
 何時の時点で死んでいて、何時の時点からゾンビだったのか?がハッキリ
 分かりませんでしたので余計にね…(^_^;) 

 敵か味方か?よく分からないけど撃沈したり、味方のヒューイに攻撃したり…
 この時からおかしくなっていたのかな? 

 最後、ヒューイが大切に持っていた鍵を屋敷のドアの鍵穴に差し込もうと
 した、あのシーンは良かったですが(笑)

 ラジエルたちの事や、他の鍵守りと書架の事も、もっと知りたかったですが、
 次回で最終話なんですね…
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Trackback

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンタリアンの書架 第11話 『ラジエルの書架』

幻書の出来るまで。途中までただの過去話かと思ってました。婦警さんの回でチラっと見えた眼帯書架「ラジエル」が出てくるまでは。今回は幻書がどうやって作られるのか、という秘密に迫るお話です。  第一次世界大戦の頃、ヒューイが軍でパイロットをやっていた時代?...

ダンタリアンの書架「第11話 ラジエルの書架」/ブログのエントリ

ダンタリアンの書架「第11話 ラジエルの書架」に関するブログのエントリページです。
  • from anilog 
  • at 2011.09.26 11:09

ダンタリアンの書架 #11 「第13話 ラジエルの書架」

  ダンタリアンの書架 #11  「第13話 ラジエルの書架」       1917年イギリス、ノーフォーク州海軍航空隊基地…新人の癖にベテラン飛行機 乗りを追い掛け回すヒューイ♪小生意気なヒューイを上官アイ?...

左サイドMenu

プロフィール

ルルベル

Author:ルルベル
アニメ好き♪

ランキング

ブログ村ランキング参加してます♪↓ポチっとありがとう❤ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

広告

薄桜鬼時計について

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

お借りしてますありがと♪

右サイドメニュー

楽天

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。